日々の気づきの備忘録

控帳

子供達がAIで将来収入を得られない不安

更新日:

夫と私は、将来息子たちが「飯が食える大人」になるため、どのように育てていけば良いか、お互いに話し合い考えています。

AIのある将来

最近は、AIの進歩が目覚ましい状況です。AIは、現在第三次ブーム、いよいよ商用化が進んでいます。

労働市場の大きな変革

AIで東大合格を目指す研究(東ロボ君)をされている新井紀子さんの著書、「AI vs 教科書が読めない子供たち」では近い将来にAI世界恐慌が起きると指摘されています。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

新品価格
¥1,620から
(2018/6/1 23:41時点)


東ロボ君は、すでにMARCH合格圏内のスキルを身につけています。つまり、現在、MARCH卒業レベルの人材は、近い将来AIに仕事を奪われる可能性があると想定できます。

AIに奪われる仕事

オックスフォード大学の研究では、将来AIに奪われる仕事として下記のようなものが挙げられています。

  • 銀行の融資担当
  • スポーツの審判
  • 不動産ブローカー
  • レストランの案内係
  • 保険んお審査担当
  • 給与・福利厚生担当
  • パラリーガル、弁護士助手
  • 簿記、会計・監査の事務員
  • 金融機関のクレジットアナリスト
  • 測量技師
  • 建設機器のオペレーター

等々・・・

主に創造力のいらないルールベースの仕事がメインですが、その分野は私たちが当初想像していた以上に多岐に渡ります。

例えばこれまでエリートと言われていた銀行員の仕事、半沢直樹のような融資審査業務はAIにやらせる方が確実でスピーディ、実際に既にAI融資診断が一部の金融機関に導入されています。

生き残りの戦略が必要

KPMGのレポートでは、現在多くの企業で採用されているピラミッド型の労働環境のうち、最も人材が多い最下層が不要になると想定されています。この結果、日本は、一億総中流と言われていた世代から、これまで以上に大きな格差社会へと転換します。

日本の企業は、これまでバランスの良い人材が重用される傾向にありましたが、今後「一部のゼネラリストと多くのスペシャリスト」による組織に大きく変革していく時流なのだと思います。

子供達は、私達と同じ教育では私達と同レベルの収入を得られない、そんな社会環境が想定されます。

これまでとは違った視点での子育てが重要になってくる。夫と私は、どうやって息子達を育てればAIに淘汰されない人材になれるのか、毎日試行錯誤中です。







ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読んでいただきありがとうございました。

クリックして頂けると励みになります。

-

Copyright© 控帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.