日々の気づきの備忘録

控帳

田植え体験でAIに負けない子育て

更新日:


先日の記事
、AIで変わる社会構造に対応できる子育ても視野に入れなければ、と試行錯誤している我が家。過去から言われていますがが、「体験」による創造力の育成も意識しています。

AIに淘汰されないために

AIに仕事を奪われないためには、AIに苦手なことをする必要があります。単純作業は、確実に淘汰されます。

日本の学校教育構造

日本の学校教育は以下のような問題を抱えています。

理解しなくても暗記で対応できる大学入試

AIで代替えできる人材を育成する大学

AIで出来ない仕事をできる人材がいない

つまり、これまでのような教育のレールに乗っていてもAIに仕事を奪われてしまいます。

AIに負けない特効薬は?

新井紀子さんの著書では、「求められるのは意味を理解する人材」だが、「特効薬は未だない」とされています。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

新品価格
¥1,620から
(2018/6/1 23:41時点)

学生の読解力が低下していて、RST(リーディング スキル テスト)で低い得点を出すそうです。しかし、低得点と高得点の違いは、読書量、家庭学習、塾などの要素に相関がなく、抜本的な対策がないそうです。

何ができるのか?

新井紀子さんの著書には、下記のような記載もあります。
「11を書いてと言うと、101と書く子供がいる。最近は、スマホで時間が判るので、時計がない家が多く、体験から学べないことが一つの要因。」

西村康則さんの著書は、下記のような記載があります。
「幼少期の早期教育より五感を刺激する体験を積むほうが良い。」

[中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣

新品価格
¥1,598から
(2018/6/1 23:47時点)


過去から言われていることですが、やはり、自然の中で得られる体験で読解力を養うことが重要なようです。

田植えを体験

夫が「子供たちに毎日食べるご飯の成り立ちを理解するために、田植えを体験させたい。」と言っていたタイミングで、私の会社で田植え体験の募集があり参加しました。

泥にまみれて長男も次男も苗を植える体験をしました。

子供たちもとても楽しかったようです。収穫も体験できるといいなと思います。

小さなことから意識的に改善していくように気をつけています。







ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読んでいただきありがとうございました。

クリックして頂けると励みになります。

-

Copyright© 控帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.